ページトップ

防衛総省所属、陸上自衛軍 第一師団 師団長

年齢は五十代半ばで、菅原長官の部下として
過去に一部の自衛軍将校が起こしたクーデーターによって
大混乱した組織を立て直した手腕が評価されている。

異能保持者に対して危機感と差別的な思想を持っている人物で
梧桐局長が所属する穏健派と対立する急進派のひとり。

犯罪を犯した異能保持者への対応を手ぬるいとして
特殊機動隊のメンバーに対して隔意を持っている。

目的の為には手段を選ばない冷酷な人物とされているが、
思想に共感する多くの部下からの信望は厚い。

首都近郊の防備を担当する陸上自衛軍の責任者の立場から、
異能保持者による組織犯罪が増加する中、内務省のみでは対応が難しいとして、
自衛軍への国内治安維持に対する権限の付与と、軍備の拡大を訴えている。